LEATHER Yes - SQUARE PARTS SERIES

一枚一枚つなぎ合わせた、スクエアパーツの連続から生まれるレザープロダクト

  • LINE UP

無限に広がる革の可能性

一枚革を正四角形のスクエア状に分割し、再びつなぎ合わせる
"スクエアパーツ"の技法によって、奥行きのある新しいレザーシートへと変化させます。

様々なサイズのスクエアパーツをトレンドや使う人のスタイルを考え、
アイテムごとに分類し配置していくので、一点一点違った表情に仕上がります。
無限に広がる可能性の中から「自分だけのyes」を見つけてください。

FABRIC Yes - COTTON DUCK SERIES

無縫製でつなぎ合わせたレザーシート“新しい革”へのチャレンジ。

  • MOVIE
  • LINE UP

“無縫製”で繋がり合った革の表情

長尺の革紐を作る際に、革のつなぎ目同士を削ぎ落とし、
フラットな状態につなぎ合わせる技術のこと。
yesは、この技術にアレンジを加え、2次元的に革パーツをつなぎ合わせ、
見たこともないレザーシートへと変化させました。
"SUKI-TUGI"の取り組みは、約40年間、革紐づくりに情熱を注いできた「ハシモト産業」と、
革の可能性を模索し続ける「yes」との新たなチャレンジです。

第一弾の"SUKI-TSUGI"シリーズでは、部位によって変化する革の表情、
また独特なしなやかさと軽さを生かして、大型のトートバックから
手軽に持ち歩けるクラッチバックまで、幅広いラインナップを揃えました。

内生地には「壱等雲斎(いっとううんさい)」を採用。
「雲斎織り」とは、かつての備前の人、雲斎が創始した綿織物の技法で、
その足に沿うしなやかさと、何度洗っても型くずれしない丈夫さから足袋の底布として使われ、
用の美にこだわる江戸の人々に長く愛されてきました。
しかし現在では、安価な生地に変わり、雲斎織りは市場から姿を消してしまいました。
この先人の技法を研究し、現代へ復刻させたのが岡山の老舗帆布メーカーである「タケヤリ」。
シャットル織機で限界まで密度を入れ、織り上げた生地に繊細な起毛をかけることで
「壱等雲斎」として復活させました。

FABRIC Yes - COTTON DUCK SERIES

やわらかく丁寧に織り上げた、オリジナル一号帆布のプロダクト

  • LINE UP

丈夫でしなやかな奇跡の一号帆布

「身体に馴染む素材」をコンセプトに開発された一号帆布・COTTON DUCK。
糸には手触り、強度、発色性に優れた日本糸を採用し、厚みを残しつつ
柔軟な素材にするために、極限まで糸の打ち込みを粗くし軽量化に成功しました。

また、昔ながらの"シャットル織機"でじっくり時間をかけて織られているため、
自然な膨らみと暖かみのある質感に仕上がっています。

yesのCOTTON DUCKシリーズでは、この素材の特徴を生かし、大型のバックに仕上げました。
中に入れる荷物に応じてフォルムが変化し、使うほどに身体にフィットするバッグは、
さまざまなシーンで活躍するアイテムです。

© YES CRAFTS INC